Blogまうまう
生きてるうちに言いたいことを言っておく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋のバイヴレーション
 目の前に広がるのはエロ本の山。
 いや、正確にはエロDVD、エロマンガ、エロゲーム、エログッズ等々。
 ここはこの世の最果て地にして、エロの総本山、通称――

 エロヶ島。

 ここに迷い込んだものは例外なくある一定条件をクリアしない限り脱出することは不可能だった。
 その条件というのが、そう――

 オナニーの禁止だ。

 自らの欲望に負けてオナニーをしたが最後、ここから脱出することはおろか、エロ本などのエロアイテムにその身を変えられてしまうのだ。
 そして、目の前に存在するエロアイテムのほぼすべてが、かつて人と呼ばれていたものの成れの果てである。

 そして今日もまた一人ここに迷い込んだものが――。

「くそ、なんだってんだ。さっきまで信●書店にいたと思ったら、いきなりこんな訳のわからないところへ……ここもまだ店内なのか?」

 見渡す限りのエロアイテムの数々に驚くのはまだ顔に幼さが残る青年。
 久しぶりの休みで給料日だったこともあってか、勇んで足を運んだ通いの店で、突然目の前が真っ暗になって気を失った。
 気がついてみれば見慣れない場所に立っていた。
 信●書店にしては広く、品揃えが豊富なエロアイテムに埋め尽くされた廊下を歩くこと三十分。
 青年は明らかにおかしな場所に迷い込んだことを自覚していた。

「夢か? 夢にしてはやけにリアルだな。このバイヴだってスイッチを押せばウネウネ動くし」

 ヴヴヴヴヴと元気よく音を立てて動くのはご存じ電動ディルドー。
 いわゆるひとつのバイヴである。
 なぜ青年がバイヴを手にしているかというと、答えは単純明快――今青年がいる場所がバイヴコーナーだからである。

「しっかし、よくこんなにたくさんのバイヴを集めたなぁ。さすがの俺でもこれはひくぞ」

 天上高くまで積み上げられた数々のバイヴに感嘆の息を漏らしながらも、青年の顔は妙に引きつっていた。
 それもそのはずである。さっきから歩けども歩けども出口は見つからず、見つかるのは細かくコーナー分けされたエロアイテムの品々だけなのだから。
 三十分近くも歩いて疲れ果てた青年は、しばし腰を落ち着けるためその場にどっしりと座り込んだ。

「俺以外に誰もいないようだし、少しここで休憩するか……何が何だかさっぱりわからんが、無駄に体力を消耗するよりはマシだろう」

 そう言って、持っていたバイヴを適当に放り投げた。

「いたっ!」
「っ!?」

 いきなり聞こえた人の声に青年はびっくりして立ち上がる。

「な、なんだ。誰かいるのか?」

 恐る恐る周りを確認するが、人の気配なんてものは皆無に等しかった。
 ただの空耳かともう一度その場に座り直そうとして、先ほど放り投げたバイヴの上に知らずのうちに腰を下ろした。

「ちょ、ちょっとどこに座ってんのよ!」
「っ!?」

 またしても人の声。
 今度はさっきよりもはっきりと聞こえる。
 しかも、かなり近い。
 青年は青ざめた顔で周りを見回すが、矢張り何も見つからない。

「くそ、まじやべぇ。こんな恐怖は俺も今まで味わった事ねぇぞ。悪い夢なら早く覚めてくれ。つかなんで俺がこんな目に」
「それはあんたがエロイからでしょう」
「っ!」

 聞こえた。
 明らかに人の声だ。

「ちくしょう。どこにいやがる。出てくるなら出てこい!」

 青年はますます混乱し、声を荒げて威嚇した。
 誰もいないその空間でその青年の声だけがやたらと響く。
 青年は心を落ち着けるべく、深呼吸をひとつした。
 そして、足元にさっき放り投げたバイヴが転がっていることに気がついた。

「はぁ……まぁ無理もないわ。私も最初はあんたと同じような感じだったし……」
「うわぁあああああああああああ!」

 なんと、そのバイヴから人の声がするではないか。
 青年はあまりの出来事にその場に激しく尻餅をついた。

「はいはい。落ち着いて。まぁここに来たばかりのあんたには無理な相談か……」
「な、なんだコレ」

 恐る恐るしゃべるバイヴを手にすると、青年はまじまじとソレを凝視した。

「ちょ、ちょっとどこ触ってんのよエッチ!」

 ビクン!

「うあぁああ!」
「きゃっ!」

 手にしたバイヴが勝手に動き出したのでびっくりして手放してしまった。
 その拍子にバイヴは勢いよく地面に落下し、かなりの衝撃を受けたようだった。

「あんたねぇ……さっきから人のこと投げ飛ばしたり、踏んづけたり、落としたり……レディーのことはもっと丁寧に扱いなさいと学校で教わらなかったの!」
「は、はぁ。すいません」
「謝ればいいってもんじゃないのよ! まったく……」
「は、はぁ……」

 ますます訳のわからない状況に青年はもはや考えることを放棄していた。
 その放心状態から解放されるのに十分。しゃべるバイヴに慣れるのに十分。しゃべるバイヴから今の状況を聞きだすのに十分。でそれを理解するのに三十分。

 合計一時間かかって事の成り行きをなんとなくだが把握することができた。

「なるほど、つまりここは現実から乖離された異空間で、ここに迷い込んでしまったらある条件をクリアしない限り抜け出すのは不可能だと。ふむふむ。なんだ……ただの神隠しか」
「なっ! ただの神隠しってあんたねぇ! この最悪の状況を見てまだそんなことを言えるなんてとんだイカレ野郎だわ」

 一人の青年と一体のしゃべるバイヴが何の障害もなく会話する光景は明らかに異常だった。
 だが、そんなことは意にも介していないのか青年は淡々と話を続ける。

「まぁこういうのはエロゲとかでよくでてくるシチュだしな。別に珍しくもなんとも……」
「あんたバッカじゃないの! ゲームと現実をごっちゃにすんじゃないわよ!
 現にこうしてあんたは訳のわからない事態に巻き込まれて、しかも現実世界へ戻れるかどうかもわからない状況なのよ。それでよくそんなふざけたこと言えるわね」
「ふざけてんのはお前もそうだろう。元人間のバイヴなんて初めて見たぞ」
「くっ」

 バイヴは反論したつもりが逆に自分の痛いところを突かれて、押し黙ってしまった。
 青年はそれを察して少し言い過ぎたと思ったのか、バイヴをそっと撫でると慰めの言葉をかけた。

「わ、悪かったよ。今の俺よりお前のほうがよっぽど切羽詰まってる状況だもんな。焦る気持ちはよくわかる。ちょっといろいろありすぎて調子にのってたみたいだ、すまない」
「な、何よ。今更謝っても遅いのよ」
「すまん」
「……」

 ツンとするバイヴに頭を下げ続ける青年の図というのもおかしな話だが、それ以外に説明のしようがないのでそういうことである。
 バイヴの機嫌を治すのに余計に三十分近くの時間を浪費してしまったが、まぁ仕方ないだろう。

「で、ここから脱出するための条件ってのはなんだ?」
「え? あ、うん。えっとぉ――」

 青年は改めて話題を元に戻すと、ここからの脱出方法をバイヴに聞いてみた。
 が、バイヴの返答はどこか歯切れが悪かった。
 それを訝しげに思った青年だが、また下手なことを言うとふりだしに戻りかねないので黙っていることにした。

「お、な……よ」
「なに? なんだって?」

 バイヴがぼそりと何か呟く。
 青年はうまく聞き取れなかったのでもう一度聞き直した。

「だから、おな……ごにょごにょ、よ!」

 今度は語尾をやや荒げて話すバイヴだったが、それでも青年には何を言っているのかわからなかった。

「何? 声が小さくて聞き取れねぇよ、たのむからはっきりしゃべってくれ!」

 青年はついイラっとして声を荒げてしまった。
 そしてそんな青年の対応にブチギレたバイヴもまた――

「だから、オナニーをしなきゃいいのよって言ってるでしょ! このボケナス!」
「なっ!」

 大声を上げてその身をヴヴヴヴヴと震わせると、目の前の青年を一喝した。
 今度のはさすがにハッキリと聞き取れたが、青年はそれ以上に目の前のバイヴが怖くて仕方なかった。

「わ、悪かった。今のは俺が悪かったから勝手に震えるのは勘弁してくれ。こっちが何もしていないのに震えるバイヴは冷静にみてもかなり恐ろしい光景だ」
「な、なによっ! あんたが私をそうさせてんでしょ!
 それを怖いだなんて言われてもしったこっちゃないわよ!
 そ、それに乙女の私にあんなはし……はしたない言葉を言わせるなんて、男としても最低よあんた!」
「うぅ……」

 バイヴに罵られる男の図というのもこれまたこの世の縮図を表しているようで、めちゃくちゃ情けなかった。
 まぁもっとも、実際にそんな現場に遭遇したら頭のおかしな人と思われるのが関の山だと思うが。

「まぁ……そのなんだ。オナニーぐらい我慢するのなんて楽勝だろ。それぐらいなら俺にだってできそうだ。で、それに期限みたいなものはあるのか?」
「……ふんっ……三日よ」

 青年の質問に対しぶっきらぼうに答えるバイヴ。
 あまり人からもそんな態度をとられたことのない青年は胸にズキリと痛む何かを感じた。
 ましてやバイヴに邪険にされるなんて、それこそ生まれて初めての経験だったのだ。

「じゃ、じゃあ……もし仮に三日間オナニーを我慢できなかったら、俺はどうなるんだ? もちろん脱出は不可能なんだよな? そうなると一体俺は――」
「……」

 そこまで自分で言って青年はある可能性について考えた。
 いや考えたというよりは気付いたという方が正しいかもしれない。
 なんせ目の前にしゃべるバイヴというものが存在しているのだから、導かれる答えはたった一つだけだった。

「まさか、俺もお前にみたいにバイヴになるとか?」
「……」

 バイヴの無言がかえってそれをより強調する形となり、青年は苦笑いを浮かべてその場にへたりこんだ。
 それをみたバイヴはポツポツと静かに語るように話し始めた――

「そうね、私もまさか自分がこんな姿になるなんて思ってもみなかったわ。少なくともこの場所に迷い込んだ時にすら想像しなかったことよ」
「……」

 青年は、さきほどまでと打って変わって真剣に語るバイヴの邪魔はしないように、黙って話を聞く態勢をとった。
 バイヴはなおも語り続ける。

「ここに迷い込んで、最初のウチは訳もわからずに泣いてばかりいたけど……。
 そんなことをしてもここから出られるわけじゃないって気付いて、一通りこの中を探索したの。
 そしたらどこもかしこも、こうしてエロエロなものばかり。
 私は発狂しそうになる頭をどうにか押しとどめて、何か脱出できる場所はないかと必死にあれこれ探したわ。
 でも結局出口は見つからないまま、途方に暮れていると、ある雑誌に目がついたの」
「雑誌?」
「そう、雑誌」

 もちろん、ここでいう雑誌とはエロ雑誌のことだ。
 それはバイヴ、いやバイヴに変わる前の彼女の愛読書でもあった。

「その雑誌をパラパラ捲ってるうちに、なんだかムラムラしてきちゃって……私は我慢できずに、その……えっと……ごにょごにょ」
「オナニーしたんだろ?」
「ちょ、ばっ! そんなハッキリ言わないでよ!」
「お、怒るなよ。じ、事実そうなんだから怒っても仕方ないだろ」
「くっ」

 青年はバイヴに恥ずかしい単語を言わせないように気を遣っただけだが。
 それがかえってバイヴを辱めることになってしまったようだ。
 これだから、女という生き物はよくわからない。
 苦笑する青年を睨み付けながらも、バイヴは続きを話し始めた。

「ダメだと頭では理解していたつもりだけど、なぜかいつもより感度が良くなってて……。
 その……ちょっと触っただけでも気持ちよくて、周りには誰もいないし、あるのは性欲を煽るエロイものばっかりで、魔が差したっていうか……」
「……」

 バイヴのそんな話を聞いてるうちに、青年は自分の下半身が激しく疼くのを感じていた。
 しかし、ここでそんなことがバイヴにばれてしまったら、それこそ何を言われるかわからないのでなるべく無心で聞くことにした。

「で、あとはもう快楽に流されるまま身を任せてるうちに、いつの間にか目の前が真っ暗になって、気付いたら身動きができなくなってたの。
 で目を開けてみたらそこには大きな鏡があって、ひとつのバイヴがそこに映し出されていたわ。
 それが今の自分の姿だと気付くのにかなり時間を要したんだけども……あの時の私のショックはそれこそ計り知れないものだった……」
「大変だったんだな。お前も」

 うんうん、と同情的に頷く青年がまたもやバイヴの勘に障ったのか、バイヴは再び激しく振動し、青年に向って激しく捲し立てた。

「あんたねぇ、なに他人事みたいに言ってんのよ! 私の話はそっくりそのままあんたにも当てはまるってことになんで気付かないのよ! ほんと頭悪いでしょあんた。こんな姿をしてなければ迷わず殴ってるところよ!」

 ヴヴヴヴヴヴと怒りをあらわにするバイヴにビビリつつも、青年はバイヴから聞いた話を冷静に頭の中で整理し始めていた。
 ふと、そこでひとつの疑問にぶちあたる。

「待てよ、オナニーしたらアウトってのは分かるけど、お前はそれがなんで三日間の期限付きって知ってるんだよ。その条件があらかじめわかっていたんなら、オナニーを我慢すればここを出られたわけだろ? なのにお前は……」
「………………」

 さっきまで怒り狂って振動していたバイヴの動きが急に穏やかになり、やがて音も立てずに固まってしまった。
 それを見てますます不安になった青年は耐えきれずにバイヴにそっと手を伸ばして――

「触らないで!」

 びくんっ!
 いきなりの怒声にとまどう青年。
 目の前のバイヴからは異様なプレッシャーを感じる。
 青年は恐る恐る口を開く。

「な、なんだよ。俺何かおかしなこと言ったか?」
「……」

 無言のプレッシャー。
 蛇に睨まれるカエル……ではなくて、バイヴに睨まれる青年。

「どうやら、あんたじゃないようね……」
「な……なにがだよ」

 バイヴの訳のわからない一言にますます混乱する青年。
 バイヴはそれを見て、一息つくと言った。

「ごめんなさい。あんたはどうやら私が思ってたヤツとは違うようだわ」
「は? なんだそれ? 意味わかんねぇよ」

 いきなり謝られてもなんのこっちゃわからない。
 青年は納得のいかない表情でバイヴを問いただした。

「ヤツって誰だよ。もしかして俺らの他にもここに誰かいるのか?」
「いいわ、もう一度ゆっくり話すから落ち着いて聞いて、私がここに来て見たもの、そしてここからの脱出方法を知ってる理由。それらすべてあんたに話すわ――」

 どうやら、青年はバイヴに試されていたようだ。

 バイヴが言うには――

 ここには青年とバイヴ以外にもう一人何者かが存在しているらしい。
 しかもソイツはこの空間の支配者らしき存在で、バイヴを……いや、バイヴになる前の彼女をバイヴに変えてしまった元凶。
 そして、その支配者が言うには三日間のオナニーの禁止が唯一の脱出方法だということ。
 バイヴは実際にその支配者の姿を見たわけではなかったようだが、ここに迷い込んでオナニーの禁を破ってしまったとき、直接脳内に支配者らしき存在の声が語りかけてきたという。
 バイヴに身を変えられてしまった時点でもはや自分ではどうすることもできずに、途方に暮れていたところへタイミングよく青年が現れた。
 声だけしか手かがりのない状態で、見知らぬ男が目の前に現れたらソイツが支配者かもしれないと疑うのは仕方がないことかも知れない。

「なるほど、まぁそのなんだ。つまり、お前は俺がその支配者だと疑ってたわけだな」

 青年はあくまで冷静にそう言いはなった。
 出会って間もないとはいえ、何の落ち度もない自分を疑われるのは正直良い気分ではなかったが、バイヴに怒ってもどうしようもない。
 自分がもしバイヴと同じ立場だったら同じようなことをしただろうから。

「ごめんなさい……」

 青年の言いたいことをなんとなく察知したのか、バイヴは今までになく激しく落ち込んでいるようにみえた。
 例えバイヴでも、元はただの女の子。いや女の子と呼べるような年かどうかまではわからないが。
 このままただ黙って重い空気をさらなる重くすることは青年には耐えられなかった。

「そのなんだ。気にすんな。第一発見者を疑うのは捜査の基本だしな。
 それになんだ、お前はそんな格好なんだから、自分で動くこともままならないだろうし、突然現れた見知らぬ他人の俺を素直に信用しろってのもおかしな話だ。だからその……」
「……」

 バイヴ相手に何しどろもどろになってるんだと思われるかも知れないが、青年はこのような状況にはあまり遭遇したことがないため、純粋に混乱していた。
 リアル世界にいたときから女性と接する機会もそうそうなかったので、(あったらあったで信●書店なんかに頻繁に来ないとは思うが、それは今は本筋とは関係ないので置いておくとして)正直どう対応していいか計りかねていた。

「あんた、とんだお人好しね」
「……え?」

 そんな青年のあたふたする姿を見てか、バイヴは出会ったときと同じような尊大な態度で言った。

「でも、男はそれぐらいの心の広さがないとダメだと思うわ」

 どうやらバイヴ様は本調子を取り戻したようだ。
 青年はバイヴのそんな態度をみてなぜかほっと安心するのだった。


◆◆◆


 それからしばらく、青年とバイヴは他愛のない会話に興じた。
 この異空間に順応しすぎてる青年のことが怪しくして仕方なかったと言うバイヴに対して、青年はあくまで冷静に、いやむしろ当然のことのように――

「ん? あぁだから俺エロゲとか好きだし」
「……」

 と返し、バイヴをどん引きさせていた。

 そんなこんなでこの異空間のこともなんとなく把握し、バイヴからの情報も合わせて自分の中で整理をつけた青年はおもむろに立ち上がると、こう口にした。

「よし、じゃあさっさとここからおさらばするか」
「ちょ、あんた何言って……」

 さっきまでのバイヴの話をまともに解釈するなら、ここから抜け出すには最低でも三日かかることが理解できる。
 それなのに青年ときたら今すぐにでもここから出ようとでも言うような口ぶりである。
 そんな青年の突拍子もない発言に戸惑うバイヴをよそに、青年は続けた。

「仮にお前が言うように三日間オナニーを我慢できたとしても、それで元の世界へ帰れる保証はどこにもない」
「そ、それは……」

 青年の言うことももっともである。
 ここの支配者は三日間オナニーを我慢すれば脱出できるとバイヴに言ったらしいが、それ自体がブラフである可能性は否定できない。
 バイヴも内心ではそう思っていたのかも知れない。青年の発言を完全に否定できないのがその証拠だった。

「まぁもっとも、素直にそれを信じて三日オナニーを我慢できるかどうかもわからない」

 さらに追い打ちをかけるように、青年はいつになくまじめな顔で言った。

「ちょっと、あんたさっきそんなの楽勝だって言ったじゃない! そんなのずっと寝てれば済む話じゃないの?」

 バイヴはそんな青年の不安を女の視点からあっさり切り捨てた。
 しかし、男にとってそれはそう単純な問題ではないことを青年はその身にひしひしと感じていたのだ。

「確かに一日や二日なら楽勝かもしれない。しかし三日というのは男にとっては鬼門なんだ」

 一般的に三日で満タンになると言われている男の性事情。
 若い元気な男性が魅力的なエロアイテムに囲まれたこの空間で三日も何もせずに過ごすのは不可能のように思えた。
 バイヴはそれでも三日間何もせずに寝ていればいいと言ったが……それも男にとってはある意味鬼門だった。

「いいか。女と違って男は、寝てる間にも射精することがあるんだ」
「しゃ、しゃせ……ってあんた何を言って!」
「おっと! 今はまず俺の話を最後まで聞いてくれ。あとで愚痴でも文句でも何でも聞いてやるから。今は俺の話を最後まで聞いてくれ!」
「そ、そこまで言うなら黙ってるけど……」

 青ざめる顔で捲し立てる青年の必死さが伝わったのか、バイヴは喉まで出かかっていた文句を押しとどめると、青年の話を聞く態勢に入った。

「夢精って言うんだが。眠ってる間にエロイ夢とかをみると、男は無意識にオナニーしたときと同じ現象が――つまり、射精が起こる。
 これはもうこちらがコントロールできるレベルの話ではなくて体がそういう仕組みになっているので止めることは不可能なんだ」
「で、でも。何もそんな夢ばかり見るとは限らないんじゃ!」

 バイヴの言い分はもっともだったが、青年は深くため息をつくと、バイヴに向って真剣に語り出した。

「お前、さっき自分でも言っただろ。ここには俺ら以外の何者かがいるって。しかもソイツはこの空間の支配者っぽい存在じゃないか。もし仮にその支配者の采配で、この空間がオナニーを煽るために作られているものだとしたら?」
「?」

 さすがのバイヴでも青年が何を言わんとしているのかさっぱりわからないようだ。
 頭に……この場合バイヴの亀頭部分に「?」マークが浮かんでるのが安易に想像できた。

「わからないか。まぁ俺もはっきりした確証もないんだけど、俺の予想ではここで眠ってしまうと百パーセント、エロイ夢をみる。しかも夢精を促すようなドエロイ夢をな」
「そ、そんなことあるわけっ――」
「試しに今ココで眠ってみてもいいけど、その場合。もしそれが本当だったら。おそらくそこで俺たちはゲームオーバーだ」
「くっ」

 言っていることは最低だが、青年の言葉にはかなりの説得力があった。
 バイヴもそれを悟ってか、もはや何も言い返してこなかった。
 となると、三日という期限なんてあってもなくても結局は一緒だということだ。
 夢精がオナニーの領域だと判断されるかどうかなんて、それこそ試してみないとわからないことだ。
 ここの支配者が夢精をオナニーとみなしたが最後、青年は間違いなくエロアイテムに変えられてしまう。
 そんな危険な賭けに出るほど青年も馬鹿ではないということだ。

「だから、さっさと出るんだよ。こんなところ」
「え?」

 だが、青年はさっきと同じように明るい声で、再び脱出宣言をした。

「あんた何ふざけたこと言ってんのよ。私も出口は他にないか散々探し回ったって言ったでしょ。そんなものはないのよここには。
 唯一脱出できると思われるのが、お、オナニーの禁止なわけだし」

 どこからそういう発想になるのか理解できないと、バイヴは怒り狂う。
 その反応は予想していたのか青年はニタリと気持ち悪い笑みを浮かべるとおもむろに天を見上げて叫んだ。

「おい、ここの支配者。見てるんだろ? 俺たちは今すぐにでもここから脱出したい。そういうわけだからどうだろう……ここはひとつ俺たちと取り引きをしないか?」
「あんた何、突然わけのわからないことを言って――」

 青年の意味不明な言動が理解できずにあたふたするバイヴを尻目に、青年はどこか確信に満ちた表情で辺りを見回す。
 そこには当然誰の影も見あたらないのだが――

『ふっふっふ。はははははは。実におもしろい!』
「え? うそ……なんで」

 どこからともなく謎の声がバイヴと青年の耳に届いた。
 バイヴにとっては聞き覚えのある声、そして青年にとっては初めて聞く声だが、声の正体が一体誰なのかはわかりきっていた。

 そう、それは間違いなくこの空間の支配者の声だ。

『なかなか面白いことを言う人間だ。まさか夢精までオナニーの範囲と考えるとは、さすがの私も思いつかなかったぞ、青年よ』

 よほど面白かったのか、鼻につくほどの高笑いで支配者は言った。
 声はすれども姿はみえないこの状況に青年もバイヴも身動きがとれないでいた。
 そんな中、青年はどこにいるともわからない支配者に向って語りかけた。

「やっぱりな。得てしてこの手の閉鎖空間の支配者はこの空間に紛れ込んだ人間の行動をいちいちチェックしているものだ。
 そうしないとこっちがタブーを破ったときにその罰を行使するのは不可能だからな。
 まぁもっともこの空間自体にそういう条件付けがされているなら話は別だが……」

 嬉々として饒舌に語る青年を見ても、動揺を隠せないバイヴは黙り込むしかなかった。
 青年はなおも支配者に向って話しかける。

「最初にも言ったように俺はお前に用があるんだ。少し込み入った話なんだが、できれば面と向って話がしたい。どうだ、ここはひとつお互い対等に話し合おうじゃないか」
「あんた……な、何を言って」
「いいから、ここは俺に任せてお前は黙ってろ」

 青年のそれは精一杯の虚勢だった。
 なぜなら青年の体がまるで真冬の寒空の下にいるときのように小刻みに震えていたからだ。
 もちろん、それは寒いからなどという理由ではなく、圧倒的な恐怖から来るものだとバイヴにも伝わっていたことだろう。

『ふむ。いいだろう。そういう怖いもの知らずな人間は私も嫌いじゃない。人間ごときが私と対等に渡り合おうと思っているところもまた醜くくて面白い』

 支配者のその反応に青年は不敵な笑みを浮かべた
 バイヴはもはやこうなったら成り行きにまかせるしかないと運を天に任せて祈った。
 そんな対照的な二人の間に、小さな黒い影が舞い降りたかと思うと、その影がいきなり膨張し始めた。
 それだけならまだしも、その影は周りにあったバイヴの山を自らの中へどんどん取り込んでいくではないか。
 青年のすぐそばにいたバイヴもまたその影に吸い込まれそうになった寸前で、青年は思いっきり手を伸ばしバイヴをつかみとる。
 そして、それを自分の胸に大事に抱えるように仕舞い込み、影からゆっくりと遠ざかった。
 しばらくして、吸い尽くすものがなくなった影はちょうど人間大の大きさに、その姿をゆっくりと変化させていった。

 そこに顕れたのは――

「なんてこった!」
「こ、これは!」

 二人ともその姿を見て驚愕せずにはいられなかった。

「ロ、ロリ幼女だとっ!?」
「ダ、ダンディーな叔父様……ってえ?」

 お互い、口にした相手の姿は天と地の差ほどもかけ離れたものだった。
 一体これはどういうことなのかと混乱していると、当の本人は清々しい笑みを浮かべて言ってきた。

「本来、私に姿という概念は存在しない。しかし、面と向って話をしたいと言われたからには何かしらの仮の姿を用意しなければならない。
 私はその媒体をこの空間にあるエロアイテムから創り出すことができる。
 ただし、あくまで創り出すのは素体だけだ。それ以上のものはあってもなくても一緒なので用意していない。
 そこで、私のイメージはここに迷い込んだ人間のイメージを利用させてもらっている」

 長々と訳のわからないことを述べる支配者の言葉にいまいち納得がいっていないのか、二人は頭の上にはてなマークを浮かべていた。

「つまりだ。簡単に言ってしまうと。私の姿は見る人間によって自由に変化するということだ。
 その人間が一番想像しやすいイメージが今の私の姿ということになる。
 どうだい? 納得してもらえたかな?」
「なるほど、つまり俺の、いや俺たちの好きなタイプの外見がそっくりそのまま具現化するわけか。ナイス能力だな!」
「ちょ、何バカなこと言ってんのよ! 諸悪の根源ほめてどうすんのよ!」

 さっきまでの恐怖はどこへやら、青年は手放しで相手の能力を褒め称えていた。
 それもそのはず、支配者の姿は今の青年にとって恐怖の対象ではなくなったのだから。
 どっちかというと、限りなく性の対象に近いような近くないような……。

「あーでも、あんたの言ってることもあながち間違いじゃないわ。私も姿を見たのは今が初めてだけど、そのなんていうか渋くて素敵……」

 バイヴはなぜかその身をウネウネとくねらせながら、目の前の支配者の姿に心底うっとりしているようだった。

「なんだお前、じいさんがタイプだったのか」
「なっ! ジイさんじゃないわよ! そこまで年はいってないでしょ。つかあんたにはあの大人の渋さは理解できないわよ。漂う出来る大人の気質、子供っぽいあんたとはまるで正反対ね!」
「な、言わせておけばこの野郎。つか俺にはアイツの姿は男になんて見えないし、ましてやそんなダンディズム溢れる姿には映ってねぇよ。むしろなんだ、この世の天使かと思えるほどの可愛い姿をしていて、それでいて大人のような気品を兼ね備えているというギャップがだな……」
「なに、あんたロリコンだったの」
「なっ! 俺はロリコンじゃねぇええええ!」
「どう考えてもロリコンでしょ! あんたの話を聞いてる限りじゃ、よっぽど可愛い女の子みたいじゃない。つかバカでロリコンだなんてもはや救いようがないわね」
「て、てめぇ!」
「あ、あのぉ……」

 バイヴと青年の激しい言い争いにいつのまにか支配者は口を挟むタイミングを失っていた。
 なんとか、二人の意識をこちらに引き戻そうと試みるが、暴走した二人の間に割ってはいるのはさすがの支配者でも躊躇せざるを得なかったようだ。
 仕方がないので、言い争いが治まるまで、しばし待つことにした。

 そして十分後。

「ぜぇぜぇ……つかなんでこんなことで疲れなきゃいけないのよ」
「はぁはぁ……まったくだな。ってそういやアイツはどうした?」
「ここにいる」

 支配者はどこかうれしそうな表情を浮かべながら、二人の元へやってきた。
 二人のケンカが終わるまで離れて観戦していたようだ。

「つくづく、人間というものは面白い。こんな状況下でも目の前の敵を忘れて痴話喧嘩ができるとは。君たちをここに呼んだ私の判断は正しかったようだ」
「……」
「……」

 それを聞いて沈黙する二人。
 やはり、すべての元凶はこいつだった。
 改めて目の前の存在がすべての元凶だと思い知る二人。
 それが分かったところでもはや何もできないと絶望するバイヴとは対照的に青年は努めて明るい声で支配者に向って質問した。

「じゃあ、ひとつ聞くけど、コイツをバイヴにしたのはお前か?」

 バイヴはびくんとその身を震わせた。
 青年がなぜ今更そんなことを確認するのかわからなかったからだろう。

「もちろん」
「それはお前の玩具にするためか? それとも単に気まぐれで――」
「君は少し誤解してるようだから言うけど、その子はここでのルールを破った。だからペナルティーとしてバイヴに変えた。ただそれだけのことだ。
 私は単に気まぐれとか私利私欲で人をバイヴに変えるほど落ちぶれちゃいない。まぁもっともそれを信じるか信じないかは君たちの自由だが」
「ふむ……」

 青年はそれを聞いて何かを確信したかのように頷いた。
 バイヴには青年が一体何を考えてるのかまったく想像できなかったのだろう。
 支配者に聞こえないような小声でバイヴが食って掛かってきた。

「ちょっとちょっと、あんた一体何を考えてるわけ?」
「いや、あいつそんなに悪い奴じゃないような気がするんだ」
「はぁ! それ本気で言ってんの? 頭おかしいわよあんた!」
「落ちつけって、本当に悪い奴なら俺らの前に姿を現すことはないし、ましてや、こうやって話をしている間にも向こうは俺たちを好き勝手にできるんだぜ? それをしないってことは奴にも何かしら別の目的があるってことで。もしそうならこちらの取り引きにものってくるんじゃないかって」
「取り引き? それって一体――」

 バイヴが聞き終わる前に青年は支配者に向き直り言った。

「あんたにひとつ提案がある」
「ちょ、ちょっと!」

 バイヴの制止も無視して青年は続ける。

「俺たちをここから出してくれ」

 それはあまりにも直球で、どう取り繕っても取り引きと呼べるような代物ではなかった。
 だが、それ聞いた支配者はまたもやその顔に笑みを浮かべて言った。

「ふっ。別にいいだろう」
「ほんとか!」
「……うそでしょ」

 あまりにもあっさりした解答。
 青年はそれを素直に喜び、バイヴは素直に受け入れることができなかった。

「ただし、ひとつ条件がある」
「ふむ、まぁそうだろうなぁ。そう簡単にこっちの言い分が通るわけないよな」
「や、やっぱり……」

 バイヴは明らかに落胆した様子だった。
 そう安々とこちらの言い分は通るはずもないことは、青年もある程度予想していたのだろう。
 だから努めて冷静にその条件とやらを聞くことにした。

「で、何をすればいいんだ?」
「オナニーをするな」
「それって、最初の条件そのまんまじゃねぇか」

 青年が言うことももっともである。
 そんなことは初めからわかっている。でもそれには三日間という期限がついている。
 それが真実かどうかはともかくとして、青年は今すぐにでもここから出たいのだ。
 だからその方法を教えてほしいわけであるが……。

「もしかして、三日間このまま何もせずにいろってのか? つかそもそも三日って期限は本当なのか?」
「あぁ、それは本当だ。わざわざ嘘をついても私にメリットなど何もないからな。それにここに迷い込んだ人間は三日……いや一日すらまともに我慢できずに快楽に溺れる。そこにいるバイヴのようにな」
「……」

 バイヴは目の前の支配者から目をそらすようにそっぽを向いた。

「俺は三日も我慢できる自信はない。そうなったらもう結果は目に見えてる。お前も俺が一日で我慢できなくなるのを見たいんじゃないのか?」

 青年は支配者の興味がどこにあるのか探るように聞いていく。

「そのとおりだ。だから私からの条件はひとつだけ。
 今ここで私はあらゆるエロアイテムを使って君の性欲を煽る。そのすべてに君が耐えることができれば合格だ。
 脱出でもなんでもさせてやる。ただし耐えきれずにオナニーをした場合は、どうなるか頭のいい君ならわかるね?」

 ふふんと不敵な笑みを浮かべて支配者は言った。
 青年もそれに納得したのか、文句のひとつも言わずに頷いた。
 そんな二人のやりとりを見て、バイヴがその身を静かに震わせて青年に語りかけてきた。

「あんたがどうなろうと知ったこっちゃないけど、あいつの言うことが本当ならこれでここからはおさらばできるわ。頑張りなさい。私には何もできないけど、応援するぐらいならやってあげるから」

 それを聞いた青年はぷぷぷと吹き出した。

「な、何笑って……私は真面目にあんたのことを心配して……」
「なに自分はもう諦めたみたいな言い方してるんだよ。ここを出るのはお前も一緒だろ」
「そ、そんなことできるわけないじゃない!」

 バイヴが自らの絶望をはき出すように叫んだ。

「私はもうバイヴなのよ。あの支配者が悪い奴でもそうじゃなくても、私がこうしてバイヴにされてしまったことは覆らない。私はもう元の世界へは戻れない。こんな姿のまま生きていくなんて私には耐えられない! それならいっそここで……」

 バイヴはもはや歯止めの利かなくなった子供みたいにその心の内を青年に吐露していた。
 それでも青年はそれに対して嫌悪感を抱くどころが笑顔でこう言い返した。

「大丈夫、そんなのアイツに頼んで元に戻してもらえば済む話じゃないか」
「え?」

 言うが早いか青年はバイヴの返事も待たずして支配者にもうひとつの注文をつけた。

「なぁ、お前こいつを元の人間に戻せるんだろ?」
「君は何が言いたいのかね?」

 質問を質問で返す支配者。
 青年はそれに対してニコリと笑って答えた。

「俺がこいつの分もエロ試験に耐えてやるから、もしそれに合格できたら、こいつを元に戻してやってくんねぇか」
「…………」

 支配者はしばし考えるような仕草をすると、あっさりとそれを承諾した。

「いいだろう。つくづく人間ってのは面白いな、自分より他人のために自らを危険に追い込む。だがそこがいい。
 さらにもっと面白いのは今から行う行為が他人のためとは言え、自分の欲望を解放する手段だとはこれまた矛盾している。
 これこそ究極のオナニーだ。他人を巻き込むことで君はさらなる欲求をそのうちに内包している。いいぞ。実にいい。私はそんな欲深い人間が大好きだ」

 そう言うと支配者は狂ったように笑った。
 それこそ人間とは思えないほどの醜悪な笑顔だった。
 バイヴはそんな二人のやりとりを見て、自分がいとも簡単に物事を諦めようとしていたことを小さく恥じるのだった。


◆◆◆


「さぁ、始めようか。試験は三つ。いや彼女の分も合わせると二倍の六つだ。その六つに耐えることができれば君の勝ち。私は君が言ったとおりに願いを叶えよう」
「その言葉忘れなるなよ」

 青年は支配者に釘を刺すように言うと、身構えた。
 その胸にバイヴを握りしめ、青年と支配者の一騎打ちが今始まる。

「第一試験はAVだ。これから君にここにあるAVの中から抜き度の高い作品を三つ続けて見てもらう」
「三って数字好きだなお前」
「……」

 これから勝負が始まるというのになぜか緊張感のない青年に対し、支配者は顔をしかめる。
 いまいちやる気の見えない青年に念をを押すように支配者は忠告した。

「目をつぶってやり過ごすというのはなしだ。そんなことをした場合は問答無用で失格だ。わかるな? 三つ続けて見るんだ」
「へーへー。ズルなんてしねぇよ。見りゃいいんだろ見りゃ。ほら何してんださっさと用意しろよ」
「……」

 青年のぶっきらぼうな態度にどこか釈然としない様子の支配者だったが、その指をパチンとならすと、何もなかった空間に突如三枚のDVDと大きなデジタルビデオテレビが現れた。
 おあつらえ向きにテイッシュも標準装備だった。

「さぁ思う存分鑑賞するがいい。抜きたくなったらそこのティッシュを自由に使ってくれたまえ」

 精一杯の嫌みを込めて言った支配者だったが、そんなのはさっさと無視して青年はすでにDVDを鑑賞し始めていた。
 そのあまりの手際の良さに支配者も仲間であるはずのバイヴでさえも若干引き気味だったのは青年だけが知らない事実だった。

「よし見終わったぜ! 次はなんだ、なんでもいいからさっさと用意しろよ。でないとあそこが冷めちまうぜ」
「むぅ」

 青年の言い方は最低だったが、それが支配者にダメージを与えていることは確かだった。
 思っている以上に青年は我慢強いらしい。これだけ性欲を煽られても今なお平然としているとはよっぽどの忍耐力の持ち主なのかもしれなかった。

「よし、次はエログラビア写真集だ。映像がダメなら静止画でどうだ。これも抜き度の高い三冊を用意した。一ページ一ページ飛ばさずに見るんだ。これで果たして我慢できるかな。ふふん」
「おっけー」

 青年はとくに困った様子など浮かべることなく写真集に没頭した。
 そこには悩ましげなポーズをした女性の裸体がビッグサイズで掲載されている。
 青年はその一つ一つの写真をじっくりかつ丁寧に鑑賞する。
 普通の成人男子としてはこれぐらいは家でもやっていることだが、それを客観的に見せられるのは少々キツイものがあった。
 いやむしろ、はっきり言ってキモかった。

「次だ」
「くっ……」
「次!」
「なに」
「どっこいしょ。次はまだか?」
「むぅ……」

 その後も青年は支配者が用意するエロアイテムの数々に耐え続けた。
 常人ならとっくにオナニーを我慢できずにぶっこいてるところだが、青年は息一つ乱すことなく平然としていた。
 それどころか、うれしそうに用意されたものを享受しているようにさえ思えた。
 最初はどうなることかと心配気味だったバイヴも、もはや何も言えないぐらい呆然としてしまっている。
 ひたすら女体が映し出された映像なり写真なりを大量に見て、一体が何が楽しいのかバイヴには分からなかった。
 矢張り、男と女ではオナニーに至るまでのプロセスが明らかに違うようだった。

「どうした、これでもう残り一つだな。試験が六つなんて案外少ないもんなんだな。それともここで用意できるズリネタは大したことがないってことか、ははははは!」
「ぐぬぬぬ」

 最初の三つの試験は言うに及ばず、バイヴの分である残り三つでさえ、もはや青年の手の届くところにまできていた。
 その恐ろしいまでのポテンシャルの高さ。いやこの場合は忍耐力の高さか。
 昔どこかの雑誌でオナニーはスポーツだと聞いたことがあったような気がするが、それはもしかしたら真実かも知れない。
 青年のその清々しいまでの笑顔はまさしくスポーツマンがよく浮かべるそれに似ていた。

「では最後の試験だ。最後はこれだ」

 そう言って支配者がパチンと指をならすと今度は目の前にデスクトップパソコンが現れた。
 インターネットでも使ってエロサイトでも見せる気なのかと青年は思ったが、それなら毎日家でもやってることなので楽勝だとタカをくくった。

 だがしかし、支配者の用意した試験とは青年にとって今もっとも危険なものだった。
 
 そうそれは――

「君には私が独自に選んだエロゲを三本きっちりプレイしてもらう」
「なっ!」

 リーサルウェポン。直訳すると致命的な武器。
 今の青年にとってこれほど致命的なエロアイテムは他にないだろう。
 今まで何度も青年がその口にしてきたように、青年にとってエロゲとはライフワークの一種でもある。
 この異常な状況を異常だとは認識しないぐらいにはどっぷり浸かった重度のエロゲーマーなのだ。
 ここにきて青年は初めて額に冷や汗を浮かべた。
 それを目にした支配者は笑いを堪えることができなくなって言った。

「はははは、私が君の趣味嗜好を理解していないとでも思っていたか? バカめ。そんなことあるはずないだろう。
 この空間は迷い込んだものを快適なオナニーライフへと誘う魔性の空間だ。
 私はここに迷い込んだものの性的嗜好を瞬時に判断し、より効果的にそれを相手にぶつけることが可能だ」
「くっ」
「君がエロゲ以外のエロイものにあまり反応しないことは了承済み。さっきまでの試験はいわば前座みたいなもの。
 最初からエロゲを提示して君を絶望させるのは容易いが、そんな一方的な展開は私は好きじゃなくてね。
 最後にこう、大どんでん返しみたいな展開で君を完膚無きまでにたたきのめしたいから私はあえて今までこのエロゲを用意しなかったのさ。
 分かるかい? この気持ち。おいしいものはラストにとっておく。君もよく使う手段だろ」
「……ぐ」

 もはや青年は何も言い返せなかった。
 支配者の言うことはまったくそのとおりで、青年にとってエロゲは抜きの友であり、なおかつ性欲が極限まで高まった今の状態では凶器以外のなにものでもなかったのだから。
 エロゲ以外には反応しないとはいえ、それは単純にエロゲ以外で抜くのは青年の性的嗜好上しないだけであって、エロイものを続けて何度も見せられれば体は否応なく反応してしまう。
 今まではそれを根性で表にださないようにカバーしてきたが、実際青年の体はもはや限界をとうに突破していたのだ。
 主に下半身のあたりは爆発寸前の火山のごとく今にも爆発しそうなほど固く屹立していた。

「ね、ねぇ。大丈夫? 急に顔色が変わったけど……」

 青年の胸元からバイヴが心配そうに声をかけてくる。
 だが、青年はそれにすら答えることもできないほどテンパっていた。

「さぁ、早くプレイしたまえ、エロゲは三本ともすでにこのパソコンにインストール済みだ。どうした? エロゲマスターの君ならこんなもの楽勝にクリアできるだろ。それとも何かな。今更エロゲはできませんなどと言うつもりかな?」
「……いや、やるさ」

 青年は唇を噛みしめながら言った。
 支配者の卑劣な作戦に文句の一つでもぶつけてやりたかったが、それはできなかった。
 なぜならこの展開は安易に予想できたからだ。支配者に自分の性癖がバレてしまっていることは、ヤツが自分好みのロリキャラの姿になってる時点で想像できたはずだ。
 自分の手札が相手に筒抜けだというのに余裕をぶっこいていた自分に責任がある。
 つまりこれは支配者の完璧な戦略勝ちであり、青年の凡ミスである。だから文句などでるはずもなかった。

「…………」

 青年は無言でパソコンの前に座ると、画面に用意されている三本のエロゲアイコンのひとつをクリックした。
 ここで躊躇していても埒があかない。こうなったら己を信じて突き進むしかない。
 青年は震える手でなんとかマウスを握るとゲームを開始した。

 一本目は今人気の低価格ダウンロードソフトの中でももっともリピーターの多いエロゲだった。
 内容はなんてことはない。“おっぱいの嫌いな主人公が突然異能力に目覚めて、そこら中の女という女をすべて貧乳にして犯しまくる”というありきたりなソフトだった。
 そのわかりやすさが受けたのか。はたまた貧乳属性の人間を多く取り込んだのかは定かではないが……。
 エロCGは百枚以上。攻略ヒロインも十人と低価格ソフトにしては恐ろしいほどのボリュームだった。
 なおかつフルボイス仕様で、ロリ系の声優を多く使っている。これは青年にとってかなりクリティカルな仕様だった。
 もともとおっぱいの大きなねぇちゃんは強気なものが多く、そのねぇちゃんが主人公の能力によって貧乳にされたときのギャップは凄まじいほどに青年の股間を刺激した。
 貧乳にされ、主人公に無理矢理犯されるという鬼畜な展開はこの手の抜きゲの中でもトップクラスの完成度だった。
 これで勃起しないやつはモグリだと言われるほどの不朽の名作である。

「ぐ、ダメだ。ムラムラしてきやがった。まさかこんなところでこのゲームをもう一度プレイするはめになるとは……」

 人気作とはいえ、発売してから十年ともはや古株とも言える本作品。
 青年が初めて買ったのもこのエロゲだった。ここからずぶずぶとエロゲの世界に魅了され、いろいろプレイしてきたが、やはり人生初エロゲのインパクトは伊達じゃない。
 クリアしてからかなり時間が経っていることもあり、忘れていたイベントもしばしばあって、それがより一層青年の股間を刺激したのは言うまでもなかった。

「よし、クリアだ。次っ!」
「おや、もう二本目に突入か。なかなか早いではないか。そんなに急いでいいのかな。なんなら少し休憩したってかまわないが。まぁもっともその状態で今席を立ったら我慢できずにオナニーを始めてしまうか! がははははは!」
「……外道め」

 青年は一度も支配者の方を振り向くことなく、パソコンの画面に集中していた。
 二本目のエロゲアイコンをクリックする。それもまたどこかでみたことのある有名なエロゲだった。
 それもそのはずである。これは昨年夏発売されたばかりの超大作エロゲ。
 “人間界に逃げ込んだ魔物を捕まえるためにやってきた人外のモノ達。その魔物に取り憑かれた人間は己の欲望を増大させてさまざまな事件を引き起こす。その事件の調査にあたっていたのが本作の主人公の探偵である。これは明らかに人間の仕業ではないと気付いた主人公は、人間界にやってきた人外のモノと手を組み事件を次々と解決に導く”という超大作ロマンアドベンチャーである。

 エロゲなのにしっかりとした話づくりで好を評し、個性豊かなキャラクター達は同人市場などでも愛され、その需要を無限大に拡大し続けている。
 そして、今もなお売り上げを伸ばし続けているというモンスターソフトだった。
 青年も発売日には徹夜で店に並んだのを思い出していた。これだからエロゲはやめれないと思わせるには十分の一作であった。

「コイツだ。俺はこのキャラにやられたんだ……」

 青年が指し示すのは見た目が十歳かそこらにしかみえないヒロイン。
 このヒロインも人外のモノで、見た目は幼いがすでに二百年もの時を生きている。いわゆる人外ロリと呼ばれるキャラだった。
 すべてのエロゲは見た目はどうであれ、キャラクターの年齢は十八歳以上という設定。
 だから当然、この人外キャラにもエロシーンは存在した。
 規制が厳しいこのご時勢によく審査が通ったなとネットでも話題のキャラである。

「なんて尊大なしゃべり方だ。まるで小さな子供をあしらうかのようなこの態度。なのに見た目は幼女。あーだめだ。このシーンは俺が何度もお世話になったシーンだ。こんなものみせられ――――なにっ!?」

 と、そこで青年は信じられないものを目にする。
 本来あるべきものがそこにはない。
 一瞬何が起ったのか理解できなかったが、よく目をこらすとそれはとんでもない自体だということが分かった。
 
 なぜなら――

「おい、これモザイクがないじゃないか!」

 青年はパソコンの前から立ち上がると、すぐ後ろでくつろいでいた支配者に向って叫んだ。
 支配者は待ってましたといわんばかりの顔で、青年に向って白々しく言い放った。

「それがどうした? まさかたったそれぐらいのことでそのゲームはできないとでも言うつもりか?」
「いやだって、こんなもの日本の法律が許すはずは……」
「法律だと? はっ! この空間でそんな人間ごときが勝手に決めた法に一体何の意味がある」
「……っ」

 支配者の言うことはもっともだった。
 青年はもちろん日本生まれなので、当然エロゲなりAVなりにはモザイクがかかっていることが前提だという認識があった。
 それに今までクリアしてきた試験で用意されたエロアイテムのほぼすべてにきちんとモザイクがかかっていたのだ。
 だからモザイクは当然ありきなんだと疑う余地さえなかった。
 ところが、この土壇場での無修正攻撃。不意打ちもいいところだった。
 自分の大好きなエロゲでしかも大好きなキャラのエロシーンでのモザイクなしCG。
 これが現実世界ならさぞ狂喜乱舞したことだろう。
 しかし、今はそれがかえって仇となる。
 さらなる熱が青年の股間に集中し、脳がひっきりなしにオナニーを催促してくる。

「はぁはぁ……ハァハァ……うぅ」

 青年はすぐ傍に置いてあるティッシュの箱をチラリと見たが、頭を大きく横に振ると、すぐにパソコン画面に視線を戻した。
 今は余計なものを見てはいけない。考えてもいけない。
 ただひたすら作業に没頭するんだ。たとえそれが無修正エロゲであっても。
 作業に徹すれば簡単にクリアできるはずだ。そうだ、これは回収作業だ。ただのエロCGの回収作業に過ぎない。
 俗に言えばのデバッグ作業の一環だ。デバッグとは完成したゲームに不具合がないか確かめる検査プレイのことだ。
 そう考えればオナニーしようなんて余計な意志は生まれない。
 デバッグ作業においては効率こそがすべて。締め切り前にバグがないかを必死で探す神聖で崇高な行為。

「デバッグ作業ってのはね、なんていうか救われてなきゃダメなんだ。こう、プレイする人のことを第一に考え、気持ちよく使ってもらう。それこそがデバッカーにとっての最高の褒美であり、また明日への活力でもあるんだよ」
「き、君は一体何を言って……」

 さっきまでの苦痛の表情から一転して青年の顔には菩薩のように曇り一つない神聖なほほえみが浮かんでいた。
 支配者は青年のその笑顔に得たいの知れない恐怖を感じ取ったのか、一歩後ずさる。
 たかが人間ごときがこれほどまでの精神力を保有するものなのか。
 いやこれはもう精神力というレベルの話ではない。
 
 まさしくそれは神の領域――

「こんな無修正CGばかりのエロゲが世に出せるわけないだろ。何を勘違いしてやがる。俺は怒ったぞ支配者ぁあああああああああああ! うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」
「ば、ばかな! もう君の体はとっくに限界を超えてるはず。なのになんだその力は!」

 青年はものすごい早さでフラグというフラグを回収していく。
 その形相はまさしく鬼神のごとく。
 バッドエンドからトゥルーエンドに至るまで無修正CGが表示されると思われるイベントはしらみつぶしに潰されていった。
 それはこのゲームを愛して止まない青年の怒りでもあり、またこのゲームを必死で作り上げてくれた制作陣への感謝の意味も込めて。一字一句すら読み逃さない。
 セーブアンドロードをうまく活用し、最速でのクリアを目指す。
 みるみるうちに埋まっていくCGギャラリーとイベント回想。
 もはや誰も青年を止めることは不可能だった。
 それこそ、この空間の支配者にさえそれは不可能に思えた。

「はぁはぁはぁ……ぐ……クリアだ」

 既に満身創痍という言葉がしっくりきそうなほど、青年の体は誰が見てもかわいそうなほどにやつれていた。
 オナニーを我慢をすることがこれほど体力を消耗するものだとは一体誰が思うだろう。
 たかがオナニー。されどオナニー。人間の三大欲求の一つである性欲を我慢することは自然の摂理に逆らう行為であり、それに伴う苦痛というものは並大抵のものではなかった。

「き、君は本当に人間か?」

 さしもの支配者からそんな言葉が漏れるのも仕方のないことだったかもしれない。
 現に今こうして、目の前にいる青年が何か得たいの知れない不気味なものにさえ見える。
 この空間では支配者こそが最上の存在であると疑いの余地はないが、こうまで不屈な姿を見せられると支配者の権威も揺らぐというものだ。
 青年は乱れる息を整えると最後のエロゲアイコンをクリックした。

「よし、これで最後だ。待ってろよ、支配者。今すぐこれを終わらせて――」

 言いかけて青年は絶句する。
 もう無修正エロゲ以上の爆弾はないと思っていたが甘かった。
 まさか、こんなところで幻のエロゲに遭遇するとは一体誰が予想したであろう。
 青年はそのエロゲのタイトル画面を凝視したまま、まったく動けずにいた。
 さすがにこの異質な空気にはさっきまで青年の懐で息を潜め見守っていたバイヴも声をかけずにはいられなかった。

「ど、どうしたの? もしかしてまた無修正? それともあんたの大好きなロリゲ-?」
「…………」

 バイヴの応答にも反応できない青年。
 ぽかんと開いた口が塞がらない。
 それほど、現実は非情なものだった。
 それを見て支配者の顔に笑みが戻る。

「さぁ、最後のゲームだ。思う存分プレイしてくれたまえ。ん? 何やら悲痛な顔をしているな。そんなにそのゲームが不思議かな? まぁそうだろう。うむ、君が驚くのも無理もない。なんせこのゲームはとある事情により市場から永遠に消え去った幻の作品なのだからね」

 そう支配者が口にしたとおり、それは今や幻のエロゲとされているリアル十二歳設定のヒロインが登場するエロゲだ。青年にとっては喉から手が出るほど追い求め、夢破れた伝説のロリコンゲームである。

「な、なんでコレがこんなところに……」

 ガチガチと歯をかみ合わせながら青年はマウスを動かす。
 バイヴはそんな悲痛な青年の姿をただ黙って見ていることしかできなかった。
 支配者は言う。

「さっきも言ったとおり、この空間では私がすべてだ。君たちの世界でなかったものがこの世界でもないなどということは常識は通用しない
 。むしろこれぐらいの芸当ができなくて支配者は名乗れないからね。ははは、どうだい? 君が今一番プレイしたかったものだよ?
 私は極上のディナーを君に招待した気分でいるよ。だから思う存分楽しんでほしい。そして心の底から快楽に身をゆだねて、自らの欲望をありのまま解放してほしい。
 そうすれば君ももう苦しまなくて済むんだ。実にいい提案だろう?」
「え? あぁ……うん……それも……そうかもしれないね」
「っ!?」

 ここにきて青年の精神は堰を切ったように崩壊しかけていた。
 バイヴは青年のそんな様子を見て、その身を激しく振動させる。
 その振動で青年が目を覚ますとでも思ったのだろう。
 だが、青年は最後の自制心でなんとかオナニーしたいのを耐えるのでいっぱいいっぱいだった。
 その二人の賢明な姿をただ笑って観察する支配者。
 三者三様、この空間では最後のバトルが繰り広げられていた。

 もはや誰が敵で誰が仲間かなんて関係ない。
 みんながみんな自分がやるべき事に集中し、あとは結果を待つだけだ。
 それが例えどんなひどい結果になろうとも、ここですべてを諦めるわけにはいかなかった。

 人間として最後の尊厳を守り抜くこと。

 オナニーとはその尊厳を一瞬で砕く行為のこと。

 オナニーをするか、しないか。

 ただそれだけのために、人はすべてをかけて闘うのだ。

 そして数時間後、決着は果たして――

「……」
「……」
「……」

 誰もがその光景を目の当たりにして言葉を失った。
 パソコン画面にはただコンプリートの文字が並ぶだけ。
 すべてのイベントCGは埋まり回想も完璧に回収されていた。

 だが、青年の手はマウスにあらず、己の下腹部にそっと添えられていた。

 そしてその机の下には何やら白く濁った液体が見え隠れする。

 負けたのか? いや負けたのならなぜ自分はまだ人の姿のままなのだろう?
 青年は思う、今はただ眠りたいと。
 このまま眠ってしまって明日になればきっとこれは夢で、起きればいつもの日常なんだと、そう思いたかった。

 けれどそれが許されることはなかった。

「……はは、ははははは! とうとうやってしまったな青年よ!」

 高らかな笑い声が惨めな姿をさらした青年をあざ笑うかのようにこだました。
 支配者はきっとこう思ったのだろう。青年がエロゲをクリアする間際、自らの欲望に耐えきれずにオナニーをしてしまったと。
 だから、これは支配者の勝ちで、青年の負けだと……。

 しかし、それを否定する怒声が青年の懐のあたりから飛び出した。

「いいえ、貴方の負けよ支配者!」
「なにっ!?」

 それはバイヴの声だった。
 完全に己が勝ったと思い込んでいた支配者にとっては予想外の言葉だっただろう。
 真っ向から勝ちを否定されて気分を悪くしないやつはいない。
 支配者は無茶苦茶なことを言うバイヴに向って一喝した。

「お前もそばで見ていたはずだぞ。そいつがオナニーしてしまったところを。
 それなのになぜお前は私の負けだと言う。それこそ、何の根拠もない言いかがりではないか。
 ここに来て今更この件はなかったことにしろとは言わないだろうな?
 まぁそんなことを言われてもこの私が認めるはずはないのだが……」
「あんたこそよく見なさい。あれがほんとにあいつの出したその……せい……精液かどうかを!」

 恥ずかしさを堪えてバイヴは叫ぶ。

「お前は一体何を言ってるんだ? その白い液体は誰がどうみても精液ではないか?
 それをなんだお前は。いかにもこれは精液ではないという無茶な言い訳をしおって、見苦しいにもほどが――」
「いいから、もっと近くで見て触って確かめてみろって言ってんのよ!」
「……むぅ」

 青年と出会ったときのような剣幕で怒り狂うバイヴにさすがの支配者も圧倒されてしまった。
 その剣幕に押され、支配者はゆっくりとパソコン机の元へ近づくと、その下あたりに付着しているドロリとした白濁液を軽く触ってみた。

「む?」

 それはちょっとした違和感。
 青年から発射された液体にしては妙に弾力があり、かつ精液独特の匂いがしない。
 いや、別の匂いならかすかにあった。それは焼き切れたゴムのような匂い。
 支配者がこの液体は一体なんだという風に首をかしげていると、バイヴが言った。

「それは精液なんかじゃないわ。私の体から溶け出した油分よ!」
「な、なにぃいい!?」

 今まで勝ち誇った気分でいたからバイヴの姿をまともに見ていなかった支配者は、目の前のバイヴの変わり果てた姿を確認し驚愕する。
 そこには体の半分以上をドロドロに溶かしたバイヴが鎮座していた。
 なんということだ。ではこの液体は本当にこのバイヴから溶け出した油分とでも言うのか。
 だとしたら一体どういう原理でこんな状況が……。

「そうか!」

 支配者は何かを思いついたかのように、椅子にグッタリして何も言わずに座っている青年に駆け寄った。
 そこにはまだまだ勃起したままの息子を握る青年の姿。そして、その胸の辺りには焦げたように赤くなった肌が露出していた。

「な、なんということだ。まさかバイヴの常軌を逸した強烈な振動で青年の動きを一瞬止め、ギリギリのところでオナニーを阻止したとでも言うのか! ありえん。そんなことできるはずがない!」

 支配者は見るからに動揺しきっていた。
 バイヴはそんな支配者の反応を予測していたのか、あくまで冷静に支配者に言ってのけた。

「これで、条件はクリアしたわ。さぁ約束は守ってもらうわよ。私を元の人間に戻し、彼と共に元の世界へ返してちょうだい」
「……くっ。まさかこんな結末になるとは」

 支配者はその場に崩れ落ちるように膝をついた
 絶対にこの勝負に負けない自信があったのだろう。でなければ、あんな無茶な条件はのむはずもなかったし、何より青年の性癖を知り尽くしていた支配者が万が一にも負けるなんて想像していなかったはずだ。
 そして今回その慢心が仇となりこのような結果を招いた。
 何より過信がすべてを狂わせるのはどこの世界にいようと共通の事柄だ。青年がそれを意識していたかどうかまではわからない。
 ただわかるのは青年のオナニーに対する覚悟が支配者のそれを上回っていただけにすぎないということ。

 オナニーは相手のいない自分との戦いだということを忘れていた支配者には到底勝ち目はなかったのかもしれない。

 オナニーとは究極の自己満足にして自己対峙だ。
 それを馬鹿にするのも崇拝するのも結局自分自身だということ。
 今回のことでオナニーの奥深さを突きつけられた支配者にはいい薬だろう。
 これでしばらくは大人しくしてくれると助かるのだが、まぁ人間ではないものの考え方など、 人間である我々には到底理解できないものなのかもしれないが。

「わかった。ここまできて今更約束を反故するのも私の紳士道に欠けるのでな。今回みたいに完膚無きまでに叩きのめされたのは初めての経験だ。これだから人間は面白い」
「ご託は良いからさっさと私を……うっ!」
「?」

 バイヴの体に突如異変が起った。
 ただの玩具であるバイヴが自身の体を溶かすほどの無茶な振動を繰り返したツケがここにきて回ってきたのだ。
 支配者はその様子を見てただごとではないと悟り、未だ椅子にボーっと座り続けてる青年を叩き起こすように引っ張ってきた。

「おい、起きろ青年! 一大事だ!」
「んぉ……なんだ? ここはどこだ? 俺はたしか幻のエロゲを……」
「寝ぼけるな!」

 頬にきついビンタを一発。

「いってぇー! なに、なんだ? 俺の目の前に素敵なロリ幼女が!」
「ええい、めんどくさい。今は時間がないので、手短に説明するが、とにかく勝負は君の勝ちだ。君を元の世界へ戻してやろう」
「は、はぁ……え?」

 まだ頭が現状についていかない青年を無視して支配者はさらに続けた。

「それと、君が大事にしていた、バイヴいや、彼女のことだが……少々危険な状態だ。このままでは人間に戻ることはおろか、その命さえ危険かもしれない」
「……………………なに?」

 ようやく意識がはっきりし、前後の状況が頭の中に鮮明に戻ってきた青年は支配者にくみつくと言った。

「おい、バイヴはどこだ! はやくバイヴに会わせろ今すぐにだ!」
「お、落ち着け、バイヴならそこに――」
「こ、ここにいるわよ。大げさね。試合に勝った男が取り乱すなんてほんと馬鹿みたい……ぐっ、はぁはぁ……」
「っ!?」

 青年が声の方を振り向くと、体の半分以上をドロドロに溶かし変わり果てた姿で横たわるバイヴが無造作に置かれていた。
 青年は赤子を扱うように丁寧な仕草でゆっくりとバイヴを持ち上げると、胸に抱きしめる。

「ちょ、ちょっと苦しいわよ。男がそんなに強くレディーを抱くもんじゃないって学校で教わらなかったの?」
「あぁ、あいにく俺の学校では大好きな人は本気で抱きしめてやれって教わったんだ」
「………………馬鹿みたい」

 だんだんと弱々しくなるバイヴの声。
 青年はすぐさまバイヴを元に戻すように支配者に進言した。
 しかし――

「ダメだ、今この状態で元に戻したらそれこそこの子の命の保証はできない。現状でここまで疲弊しきったバイヴなんて私は未だかつて見たことがない」
「くっ、それでもこの空間の支配者かよ!」
「すまない、今の私には君を元の世界へ戻すぐらいのことしかできない。だけど信じてほしい。私は決して人間の命を弄ぶような悪ではないと!」
「今までここに迷い込んだ人間をコイツと同じようにバイヴに変えてきたやつの言葉を信用しろと?」
「…………」

 青年の怒りはもはや沸点限界だった。
 いくら支配者が金髪碧眼幼女で青年の好みど真ん中だったとしても、こればかりは治まりそうになかった。

「もう、いいのよ。あんただけ先に元の世界へ帰りなさいよ」
「え?」

 そんな青年の姿を見るに見かねてか、バイヴは青年に抱かれた胸の中でそんなことを呟いた。

「はは、じょ、冗談はよせよ。せっかくここまで来たのに今更お前を見捨てろってか?
 そんなことできるはずないだろ。お前を元に戻して二人で元の世界へ帰るのが俺の描いていた最高のハッピーエンドなんだよ。
 それをお前、何自分はもう無理みたいなこと言って諦めてんだよ……」
「…………」

 支配者も青年の悲痛な表情を見て黙り込むしかなかった。
 自分が招いた種とはいえ、こんなことになるなんて想像しなかったのだ。
 人間が自己犠牲を尊ぶ種類の生き物だと知識では知っていたが、本当にそのような現場に遭遇したのは今回が初めてのことだった。

「いい? もうあまり長く息が続きそうにないからよく聞いて……」
「……おい、俺はまだお前を見捨てる気は――」
「いいから黙って聞きなさい!」
「……はい」

 バイヴの一喝にもはや頷くことしかできない青年。
 どこからともなく溢れ出る涙を必死で拭いながらバイヴの言葉を一字一句聞き逃さまいと耳をバイヴに近づけた。

「私もここでしばらく休憩したら元の世界へ帰るから、あんたは先に帰って私の凱旋帰国の準備をしてなさい。
 そうね、待ち合わせ場所は大通りの喫茶イングラムがいいかしら。あそこのショートケーキ大好きなの。よく通ってるのよ。
 あんたはそこで私が戻るまで待つの。先に食べちゃだめよ。レディーを待つのも男の仕事なんだから。
 そうね、ついでに紅茶なんかも注文しておいて。もちろん二人分よ。
 ふふ、なんだか楽しくなってきちゃった。私今まで男となんか喫茶店に行ったことないのよ? 笑っちゃうでしょ。
 でもだからこんなところに迷い込んじゃうのね。一人でいることがいつの間にか当たり前になってて、自分の欲望を解放するのもずっと一人でだったわ。
 あんたみたいに誇りも何もなくてただ快楽に溺れていただけ。あーあ、一度でいいから私も心から本気で快楽に溺れてみたかったな。
 変なこと言っちゃうけど、私のために必死でオナニーを我慢してるあんたの姿ちょっとだけかっこよかった……。うん、やっぱりいいよね、誰かに必死で守られるのって。
 あんたの胸の中熱くて心臓の鼓動がずっと近くで聞こえて、安心するとすぐ眠くなっちゃう。
 だからね、起きたらまた一緒に歩こうね。あんたはもう私の傍にいなきゃダメ……なん…だか……………ら……」
「おい、おい! しっかりしろ! おい! 起きろ! ダメだ死ぬな。死ぬんじゃない! くそ、くそ、くそぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」
「…………」

 バイヴが完全に沈黙して数分後。
 青年は支配者の前に立つとこう言った。

「俺を元の世界へ戻してくれ」
「……あ、あぁ、わかった」

 赤く腫らした青年の目をとてもじゃないが凝視できなかった支配者は少しだけ青年から目をそらすと天に手をかざした。
 すると、そこに大きな光の空間があらわれてそこから真っ白い階段が青年の前にまで降りてきた。

「これを上っていけば、元の世界へ帰れる。君はすばらしい人間だった。私が言うのもなんだが、君みたいな純粋な人間はそうそういないと私は思う。それは誇りに思ってほしい」
「…………」

 支配者は今度こそ青年の目をしっかりと見つめようと、振り返った。

「あぁ、お前もたぶん悪い奴じゃないんだろう。さっきはひどいこと言って悪かった。
 こんなところに迷い込む人間すべてが善人とは限らないしな。
 それに神隠しなんて別に珍しくともなんともない。現実世界で行方不明事件は数多くあるんだ。
 そいつらのどのくらいの割合がここに迷いこんだのかはわからないが、それがそいつらの運命だったんだろう。
 俺が言えたギリじゃないが、ここにはここのルールが、そして俺たちの世界では俺たちの世界のルールがあるだけなんだ。
 どっちが良いとか悪いとかじゃなくて、きっとそういうもんなんだろう。
 だから俺にはお前にもう人間を迷い込ませるのはやめろなんていう資格はない。資格はないが、出来ればあまり不誠実な出来事を招くことだけはやめてほしい。
 今回のように誰かを失うのは俺じゃなくてもきっと嫌だろうから」

 何かを吹っ切るような爽やかな笑顔で階段を上っていく青年の姿を支配者はただ黙って見つめる。
 青年が出口に到達する間際、支配者は小さな声で呟いた。

「安心しろ、私が今までに招いた人間はお前とあのバイヴの彼女のたった二人だけなのだから……そしてこれからもきっと……」
「……」

 それが青年に聞こえたかどうかは支配者にはわからない。
 光の出口はすでに塞がっており、再び暗い闇が支配者を覆い尽くしていたから。
 また孤独の時間が始まる、支配者にとっては長い長い孤独の時間が。





「ん? あれ? ここは?」

 辺りを見回す、どうやらどこかの店内のようだ。
 店内では軽快なラップミュージックが流れている。
 青年はそれに激しく聞き覚えがあった。

「これもしかして信●書店の中か?」

 目の前の棚には所狭しとAVのDVDが並べられていた。
 どこからどうみても信●書店だった。
 ふと、腕時計を確認する。

「え? うそだろ? まだあれから五分しか経ってないのか?」

 青年が例の異空間に迷いこんでから五分。
 異空間内では二十四時間以上もの時を過ごしていたように思うが、どうやらこことあちらでは時間経過の早さが違うようだ。
 まぁそれもエロゲにはありがちなことだったので今更だなと笑い飛ばす青年だったが。

「……」

 矢張りどこか気分が晴れないでいた。
 特に買いたいものはないというのに、店内をうろつく。
 すると、視界の隅にバイヴコーナーが映った。
 普段なら視界にすら入らずにスルーするコーナーだったが、今は無性に心が求めて止まなかった。

「お?」

 青年は何を思ったのか、白くてそこそこの太さのある一本のバイヴを手にした。
 よく手になじむ感触である。誰も見ていないのを確認すると、そのバイヴをそっと胸に抱きしめてみた。
 すると、どうだろう。まるであのバイヴが再び自分の元へ帰ってきたみたいではないか。

 青年は数秒だけ逡巡したあと、それを持ってレジに向うのだった。

「三四五〇円になります」
「た、たけぇ……」

 男が一人でバイヴを買うのもおかしな話だが、ここに来る客は最初からおかしなものを買い求めに来ているのでとくに問題はなかった。
 問題はなかったが、やはりその価格は青年にとっては未知の領域だった。

「なに、やってんだよ俺」

 信●書店を出ると、夕方過ぎということもあってか人通りが激しくなっていた。
 そういやこの近くの大通りに喫茶イングラムってのがあったなと思い出し、しばらくそこで人が少なくなるのを待とうと足を向けた。
 もちろん、それ以外の理由が青年をそうさせたのだったが、それを思い出すとまた泣いてしまいそうだったので、なるべく普段通りを意識して、喫茶店に入った。

「いらっしゃいませ、お一人様ですか?」
「え? あ、いや……ええっと連れがもう一人来るかもしれないので……」
「はい、かしこまりました。お二人様ですね。こちらのお席へどうぞ」

 自分は何を言ってるんだろう。とっさに来るはずもない相手のことを伝えてしまった。
 そんなことをしても惨めなだけなのに。心のどこかでまだ彼女がいなくなったなんて思いたくなかったのだろう。
 思わず口をついて出てしまった言葉を今更撤回することもできず、青年はそのままウエイトレスさんに案内されるまま二人がけの席に腰を下ろした。

「ご注文はお決まりですか?」
「あ、ええっとショートケーキを二つと、あと紅茶二つ」
「はい、かしこまりました。紅茶は後の方がよろしいでしょうか? それとも先にお持ちしましょうか?」
「ええっと、じゃあ後でお願いします」
「はい、かしこまりました。オーダーはいりまーす!」

 ウエイトレスさんの質問に淡々と答えながら、青年は誰も座ることのない向かい側の席をぼーっと眺めていた。
 手にはさきほど買ったバイヴを入れた袋が握られている。
 まったくどうしてこんな訳の分からないことを。自分でもどうかしてると思いながらも、ここをしばらく離れる気にはなれなかった。

 ショートケーキが運ばれてきてもしばらくは手をつけずにぼーっとする。
 周りにはさぞかし変な客に映っているだろう。でもま、それもいいかもしれない。
 今はただこうして現実を忘れて、何もかもなすがままになればいい。
 今更あの出来事が夢だったなんてオチは期待していない。期待していないが、そうだったらいいのにと何度でも思う。
 エロゲには必ずトゥルーエンドとハッピーエンドが存在する。どちらもクリアには違いない。
 けれど、青年が大好きなのはいつもご都合主義が渦巻くハッピーエンドの方だった。
 今は誰がみても完全なトゥルーエンドだろう。これが現実じゃなくてゲームだったらきっとセーブしたところからやり直してるに違いない。

「現実とゲームをごっちゃにするなよ……か」

 それは彼女が青年に向って放った言葉。
 今にして思う、それがすべての真実だったと。
 現実はやり直せないから現実なのである。
 それを今初めてきちんとした形で理解できたことを青年は彼女に感謝した。

 だからこれはそんな彼女への最後のはなむけだ。

 そう結論を出して、青年は目の前にあるケーキに手を伸ばすと――

「ちょっと、何先に食べようとしてんのよあんた」
「え?」

 とても聞き覚えのある声。
 いやそんなはずはない。だって彼女は――

「レディーを待つのも男の仕事だって私言ったよね?」
「ええっと」

 顔を上げるとそこには見知らぬ女性。
 けれど、とても懐かしい感じがした。

「ったく。やっぱりあんたに期待するほうが間違ってるのかもね。まぁいいわ。ちょうど小腹も空いてたし、タイミングもいいから食べましょ」
「…………」
「ほら、なにボーっとしてんのよ。あんたも自分の分のケーキ頼んだんでしょ。あ、なに、もしかして私のもほしいとか言うわけ? もう勘弁してよね。食い意地の張った男ってみっともないんだから」

 そういって青年の前の席に腰を下ろして、目の前のケーキを美味しそうに頬張る彼女。
 青年はそれを見てポロリと涙をこぼす。

「お前、生きて――」
「お前じゃないわ、私にはちゃんとした名前があるの」
「え?」
「私の名前は――」

 そして二人の物語は今動き出す。
 胸の鼓動がバイヴレーションのように激しく振動する。
 それはきっと、物語の始まりを告げる恋のバイヴレーションだった。



↓気に入ったら押してね♪
お、押すのか?


スポンサーサイト

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2008 yonnnana all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。